d’abandon ~だばんどん~

放送部ジャニヲタの戯言

私が「あ、安部礼司」信者なワケ。

どうも、ねこ鍋子です。

……ん?曲紹介シリーズがTOKIO上げたきり止まっている?

すみませんこれには理由がございましてね、単純に絞り込むのに時間がかかっている というのと課題が多すぎて必死に片付けてる

っていうことなんです…!!

なのでこっち優先にupします笑笑←なぜ

 

 

今回はやっとラジオの話しますよ〜

ジャニラジの話ではなく、私がジャニオタになる前から大好きなラジオ番組のうちの1つの話です。

 

NISSAN あ、安部礼司  

     〜BEYOND THE AVERAGE〜 (日曜17:00~18:00)

 

 

この物語は、ごくごく普通であくまで平均的な46歳の安部礼司がトレンドの荒波に揉まれる姿と、それでも前向きに生きる姿を描いた勇気と成長のコメディである。
日曜の黄昏時、若さと渋さの間で揺れる昭和生まれのアナタに贈る『鼻歌みたいな応援歌』を、ツボな選曲とともにお楽しみ下さい!

(NISSANあ、安部礼司公式サイト、もしくはおなじみ五十嵐さんのナレーションより)

 

このラジオドラマ、おそらく中高生向けではないと思うのですが、登場人物が本当にその辺にいそうな(言葉が悪い)、身近に感じるキャラクターなんですよ。

そんな人達が私のように失敗して悩んだり、頼りになる友だちや先輩に助けられたり…

みんな一緒なんだなって思ったり、彼らの生き方にすごいなって思いながら毎週聴いています。

そんなキャラクターのすてきな言葉に力をもらうこともあります。

「死ぬこと以外はかすり傷」by出向旺次郎

これは元々エッセイストの山崎拓巳さんの言葉らしいです。

割とうじうじ悩むタイプなので、たまにはこんなふうに考えてもいいんじゃないかなって思わせてくれました。

 

 

「春は待っていても来ない。自分から迎えに行かないと。」by大場嘉門

すごく最近の言葉です。

ちょうど受験直前で受かる気がしなくて勉強もしたくなかったんですけど、この言葉を聞いて頑張らなくちゃだなって思いました。コレなかったら今頃どうだったんかな笑笑

 

 

 

今回特に文章がまとまってないですけどごめんなさい💦

 

もしこのブログを読んで気になった方は1度聞いてみてください。radikoでも聞けますし!!

 

 

 

 

それでわっ!(逃げるが勝ち←)